SSブログ

通算73回目ニューメキシコ州出張 2012(平成24)年1月10日(火)~1月18日(水) + 前日泊 <業務日誌> [ニューメキシコ州 出張日記]

 松の内も明け、成人の日の3連休も明けましたが、いかがお過ごしでしょうか。我が家は今年は年賀欠礼であった為、いつものようなお正月ムードは元々なかったので、ますます平常モードで過ごしております。

 本日1月10日(火)から、今年初で通算73回目のニューメキシコ州出張を行ないます。実は、仕事の用事もあって、昨日9日(月)から東京に前日泊をしておりました。

 今回も、その様子を一日ずつ日を追うごとに加筆する形で更新していきます。自分自身の為の備忘録も兼ねておりますので、相変わらずの拙い内容と写真ではありますが、ひとときお楽しみいただければ何よりです。

 

 

【東京出張で前日泊 日本時間で1月9日(月) 成人の日

 

 午前4時起床。いつもの朝と同じく、番茶に続いて生姜湯を1杯ずつ飲み、メインキャスターの中田有紀(あき)が決して嫌いなタイプではないのでw日本テレビ「Oha!4」を見ながらストレッチをする。続いて、メール、自店通販サイト、ブログ、facebookをそれぞれチェックし、更にJR東日本のサイトでJR信越線が運休していないかチェック。雪の影響もなく、平常通りの運行だと知って安心する。

 

2012(平成24)年1月9日(月) L1000573.jpg

 いつもよりもすこし早目にJR信越本線 高田駅に向かう。外は暗闇、路面はツルツルに凍りついている。午前6時13分発 各駅停車長野行きに乗る。車内で、ずっとサボっていたノートパソコンのディスククリーンアップ他のメンテナンス作業を開始。作業が完全に終わったのは、6時50分過ぎ。ちょうど妙高高原駅に到着した頃だ。外の雪景色が美しかった。

 JR長野駅で新幹線に乗り換え、定刻に上野駅に到着。前日泊は上野駅近くのビジネスホテルを予約してあるので、まずはそちらで荷物を預かってもらい、買い物と仕事の用事に出掛ける。

 

2012(平成24)年1月9日(月) L1000577.jpg

 これは、秋葉原の家電量販店に向かう途中の1枚。田舎者ゆえ大勢の人が集まっている理由を知らなくて、そばに近寄ってみて驚いた。AKB48の人気振りがうかがえる。

 エトスクラブの小松さんと昼食(ごちそうさまでした!)、コーヒーブレイクの後、2人で神田明神と湯島天神をお参りに行く。松の内も明けたので、個人的に神社へのお参りも解禁にした。

 

2012(平成24)年1月9日(月) L1000590.jpg

 その後、仕事関係のお客様のところに挨拶にお邪魔し、一度ホテルに戻ってチェックイン。メールチェックなどを済ませて夕食に出掛けたのが、午後8時近く。上野駅周辺に泊まるのは、実は今回が初めて。無難なところで、駅ビル「アトレ」の中の一軒に初挑戦してみた。

 一人メシなので長居もせず、ホテルの部屋に戻って新入荷商品の掲載作業を再開。キリのいいところで寝たのが、ちょうど日付変更線のあたり。

 

 

【第1日目 日本時間で1月10日(火)】

 

 普段よりも1時間遅い午前6時起床。ストレッチの後、メールチェックと前夜の作業の続きを始める。途中、7時半に駅前の富士そばで朝食。すぐ部屋に戻って、せっせとインターネットの仕事を継続。

 

2012(平成24)年1月10日(火) L1000607.jpg

 部屋の窓のブラインドを開けてみて驚いた。東京スカイツリーが大きく見える!9時半にチェックアウトして、荷物を京成上野駅のコインロッカーに預ける。その後、ちょっとした用事があったので、上野駅~東京駅間をウォーキング。快晴だったので、とても気持ちが良かった。

 

2012(平成24)年1月10日(火) L1000612.jpg

 上野に戻る途中、前日に小松さんから教えてもらった雰囲気のある定食屋さんで昼食。午後1時ちょうど発のスカイライナーで成田空港に向かう。

 

2012(平成24)年1月10日(火) L1000620.jpg

 空港はお正月気分は皆無、ガラガラの状態だった。今回は、搭乗ゲートの真下にあるANAのラウンジで、約3時間ほどノートパソコンに向かって仕事をして搭乗時間を待った。

 

【アメリカ現地時間で1月10日(火)に戻って】

 

 定刻通りに成田空港を出発。機内食は何時ものビーフとキリン一番搾りなので掲載は割愛。上映されたのは「ドルフィン・テール」という尾びれが壊死してしまったイルカと少年との心温まる交流ドラマ。脇役のハリー・コニックJr.(ムキムキ体型には驚いたが)、アシュレイ・ジャッド、モーガン・フリーマンの好演が良かった。

 

2012(平成24)年1月10日(火) L1000623.jpg

  定刻通りにLA空港に到着。エコノミークラスの最前列の席だったので、搭乗機から降りて入国管理に向かったら、列の最初の方に並ぶことが出来た。入国管理、預け荷物の再チェックイン、国内線ターミナル入り口でのセキュリティチェックもスムーズに進み、早めの昼食(遅いブランチ?)を摂ったのが11時半過ぎ。一昨年7月にKISSのジーン・シモンズと遭遇した通路沿いにある、ルート66ロードハウスなるダイナーでハンバーガーとバドワイザーをゆっくりと味わう。

 向かいの搭乗ゲートからアルバカーキ空港直行便に乗り込んだのが12時50分で、これも定刻通り。

 

2012(平成24)年1月10日(火) L1000631.jpg

 気流の関係だと思うが、定刻よりも約30分近く早くアルバカーキ空港に到着。預け荷物がTSAのチェックを受けている(鍵の丸い小さな窓が緑から赤に変わっているのがその証し)ので、ホテルにチェックインしたら、すぐに中身を確認しなくては・・・以前、職員による集団万引きが発覚したというニュースを思い出したのでね・・・(苦笑)

 レンタカーを借り、貸倉庫で荷物を積み込む。ついでに、先1年分の契約更新の手続きを済ませてしまう。今回も2か月分の割引をしてくれたのは、ありがたい、ありがたい。

 フリーウェイでサンタフェまで北上する途中、ドアミラーに写り込んだ夕焼けがとても美しかった。ホテルにチェックインする前に、スーパーマーケットでミネラルウォーターやビール、野菜ジュースを買い込む。午後6時45分、Las Palomasにチェックイン。担当スタッフが私の顔を覚えていてくれて、予約よりもずっと広い部屋に追加料金なしで変更してくれた。ガス方式とはいえ暖炉付き、しかもスイートとは素敵だ!ありがたや、ありがたや。

 自宅への電話連絡、メールチェック、このブログの更新を済ませ、午後8時から夕食に出掛ける。何処のお店にしようかとアレコレ考えるのが面倒臭いので、馴染みのサンフランシスコ・バー&グリルに決め撃ち。チキン・サルティンボッカとギネスを1杯ゆっくりと味わって、9時半に帰宅。

 

2012(平成24)年1月10日(火) L1000635.jpg

 この写真は、今夜から6連泊するLas Palomas(ラス・パロマス)の外観。左手はるか向こうの光が、サンタフェの旧中心市街地であるPLAZA(プラザ)の灯り。

 このブログの更新をした後は、ゆっくりと入浴をして、午前0時前に就寝。

 

 

【第2日目 現地時間で1月11日(水)】

 

 午前4時に起床。毎度毎度のことではあるが、相変わらず時差ボケがひどいようだ。午前3時には目が覚め、ベッドの中でゴロゴロして2度寝のチャンスをうかがったが、覚醒するばかり。仕方がないので起きたような状態である。いつものようにストレッチ、メールチェックなどの一連のインターネット作業をする。

 

2012(平成24)年1月11日(水) L1000645.jpg

 午前7時の無料朝食サービス開始と同時に、フロントデスク横のダイニングルームに向かう。セルフサービスのパンやベーグル、フルーツ、ヨーグルト、飲み物の他に、併設の小さなキッチンでワッフル、パンケーキ、オムレツを焼いてくれる。勿論、これらも無料である。34番の札は、私が注文したオムレツ用。

 8時ちょっと前、クルマで仕事に出掛ける。「自宅のある新潟県上越市は大荒れの天気で雪が心配だ」と電話をしてきた留守番1号(妻)たちには申し訳ないくらい、雲ひとつ無い青空が清々しい朝である。

 午前中の成果は、可もなく不可もなくといったところか。前回、昨年11月上旬の出張ほど惨憺たる収穫量ではなかったが、期待以上の好成績でもないなぁ。この時期は仕込みの期間だから、まあ仕方がないか・・・カラ振りでなかっただけでも良しとしなければ。

 

2012(平成24)年1月11日(水) L1000648.jpg

 11時過ぎには再びサンタフェに戻って、朝の収穫物を梱包して日本に発送した。思ったよりも少し早く片付いたので、昼食を摂る前にアルバカーキ市内に向かう。

 昼食は、Nob Hill(ノブ・ヒル)地区にある馴染みのお店GECKO'S(ゲッコーズ)にした。BLTに目玉焼きを追加オーダーしてみた。サイドはカップサイズのグリーンチリ・シチューをチョイス。どちらも美味であったが、ビールをお供に出来なかったのが残念だった。

 食後、すぐ近所で小さいながらも素晴らしい中古レコード屋さんを発見。今までこのお店の存在に気付かなかったことを、我ながら非常に後悔した。ジャクソン・ブラウンのデビューアルバム(テクスチャー・ジャケット、上開き、写真中袋入り、白アサイラム・ラベル、残念ながら金具はエンボスなし)、ザ・バーズの「バラード・オブ・イージーライダー」、ザ・サウザー・ヒルマン・フュ-レイ・バンドの3枚を購入。信じられない優良コンディションと超良心的価格に大満足。

  その後、市内で本業の取引先をまわり、午後5時にサンタフェのホテルに戻る。少し疲れたので、アルバカーキ市内のアンティークモール散策はやめにした。前回=昨年11月上旬の出張の際、1F改装・移転後の内装ディスプレイ用に、お手頃価格のアンティーク看板や小物を結構買い込んだからねぇ・・・

 午後8時前に部屋を出て、プラザ近くにある馴染みのDEL CHARRO(デル・チャロ)で、バッファローウィング(ここのお店では「Chipotle Wings(チポトレ・ウィングズ)」 と呼ぶが)とマルガリータを1杯楽しむ。

 部屋に戻って、インターネット系諸々のチェックとメールマガジンの配信予約、このブログの更新をしてから入浴。午前0時をちょっと過ぎたあたりに就寝。

 

 

【第3日目 現地時間で1月12日(木)】

 

 午前5時起床。ストレッチ、メールチェック等をしていたら、あっという間に7時。普段の自宅ならば全く問題ないのだが、アメリカ出張中には、このso-netブログの重さには参ってしまう。いかに日本のインターネット接続環境(我が家は光フレッツ)がハイスピードなのか、痛感させられる日々である。それにしても時間がかかり過ぎるなぁ~・・・

 午前7時10分。朝食を摂りに、Tia Sophia's(ティア・ソフィアズ)へ向かう。

 

2012(平成24)年1月12日(木) L1000659.jpg

 Breakfast Burrito(ブレックファースト・ブリトー)を注文。普通はスクランブルエッグが中に入っているんだけど、中に入れずにSunny-side Up(目玉焼き)を上に乗せてもらうように頼んだ。チリソースは、勿論、お気に入りの「クリスマス(レッドとグリーンの両方)」。目玉焼きが日の丸っぽくて良いね。

 プラザ周辺をちょっとだけ歩き回って、ホテルの部屋に戻る。放射冷却でメチャクチャ寒い!9時20分にクルマで出掛ける。久々に小さなとある古い町に向かう。

 

2012(平成24)年1月12日(木) L1000664.jpg

 目的地に着く直前に、今回の旅の相棒である「三菱エンデヴァー」 が空腹だったので、じっくりと食事を摂ってもらう。そして、その後に向かったのは・・・

 

2012(平成24)年1月12日(木) L1000673.jpg

 10年以上ご無沙汰していたラスベガス。カジノ、不夜城で世界的に有名なネヴァダ州のラスベガスではなく、ニューメキシコ州のラスベガスである。町全体がアンティークのような雰囲気のとても小さな町だが・・・最近では、おバカなエイリアン物のSFコメディー映画「PAUL(ポール)」に(ほんの一瞬だが)このお店のフロントが登場することで、現地の知り合いとも大いに盛り上がったばかりである。これから「ポール」を見る人は、この写真のことを忘れないで欲しいな。

 ここに来た目的は、ずっと2Fで営業していた当店が1Fに移転するのに当たって、内装ディスプレイ用のアンティーク小物類をもっと仕入れることだった。残念ながら、ずっと以前に訪れたことがあるアンティークショップはどこも廃業しており、全くの不発、期待ハズレに終わってしまった。が、町の写真を何枚か撮ることが出来たし、短時間ではあったが本来の仕事を離れて気分転換をすることが出来たので、悪い気分ではなかった。

 昼食の後、サンタフェに戻って、午後3時過ぎに取引先を訪問。頼んでおいた商品以外に、全く予定していなかった大収穫あり!前日の凹みを取り返すことが出来たかもしれない。ホテルにクルマを置いて、次はプラザに歩いて行って、細かい用事を済ませてくる。夕暮れ前にホテルに戻る。

 午後8時、夕食に出掛ける。久し振りにBLUE CORN CAFE(ブルーコーン・カフェ)で、好物のフィッシュ&チップスとお店オリジナルのラガービールを1杯いただく。地元でも人気のお店なので、平日でもそこそこの賑わいであった。

  1時間でホテルの部屋に戻る。日中に撮った多くの写真をフォトショップで補正し、ブログとフェイスブックに掲載出来るように加工・保全作業を進める。それにしても、今日はかなりの量を撮ったもんだなぁ~・・・

 まだ作業の途中だったが、かなり疲れたし眠い。風呂に入って、午前0時に就寝。

 

 

【第4日目 現地時間で1月13日(金)】

 

 午前3時過ぎに一度目覚めたが、うまく二度寝が出来て、5時半に起床。7時過ぎ、Tia Sophia's(ティア・ソフィアズ)へ朝食に出掛ける。

 

2012(平成24)年1月13日(金) L1000728.jpg

 外はやっと明るくなったところ。はるか遠くに見える空の下の部分が、旬の時期の桃のようにピンクと赤が混在しているような色だったのが、とても綺麗で妙に印象的だった。ちょうど1年前の出張の最中に、自宅療養中だった父が病院へ緊急搬送されたことを、空を眺めながらふと思い出した。その前の長期入院中には早く自宅に帰りたがっていた父が、あの時は自分から入院を切望したらしい。あれからもう1年が経つ。

 Tia Sophia'sにはもう何十回も訪れているが、いつもの席の反対側に4人掛けの短いカウンターがあったことは知らなかった。気分を変える為にも、カウンター席で食事をすることにした。頼んだのはハムとチーズのオムレツ、サイドはポテトではなくてPosole(ポソーレ)とサルサソース。相変わらず何を食べても美味い。

 ホテルの部屋に戻って、昨夜の作業の残りを一気に片付けてしまう。10時過ぎ、仕事に出掛ける。

 ちょうど作業が終わった頃、代々チマヨ・ブランケットを織り続けている家系のSelina Serrano(セリーナ・セラーノ)さんと遭遇。以前から彼女の作品は仕入れていたし、フェイスブックでも交流はあったけれど、実際にお会いしたのは実はこの時が初めてだった。一緒の記念写真を、お手伝いで同行していた娘さんたち二人に撮ってもらう。

 彼女が撮ってくれた私の写真は、既に私のFacebookで公開されています。彼女は、顔写真などの公開はしていないので、私が撮った写真の公開は自粛します。ご容赦下さい。 

 

          2012(平成24)年1月13日(金) L1000735.jpg

 昼食は、いつもの相手といつものレストランで、いつもの料理を美味しくいただいた。Rancho de Chimayo(ランチョ・デ・チマヨ)では冬季期間はお休みのことも多いので、入ることが出来たのは幸運だった。社長、いつもご馳走様です!

 サンタフェに戻って、前日の収穫物を受け取りに行ったのが午後2時半過ぎ。ホテルに戻って荷物を部屋に入れたら、プラザ周辺に歩いて出掛ける。相変わらずの快晴続きだ。1F移転の為に、店内ディスプレイ用のアンティーク絵皿や昔の白黒写真の複製品(デジタルコピーではなくて焼き直し品)などを手に入れることが出来た。

 

2012(平成24)年1月13日(金) L1000749.jpg

 ホテルに帰る道中で、夕陽に照らされて上半分だけがオレンジ色に輝いているセ・ントフランシス大聖堂が見えたので、急いで撮りに行ってみた。こういうシーンは、いつでも見ることが出来るわけではないし、ほんの数十秒の差で撮り損なうことも往々にしてあるので、ちょっと興奮したなぁ~

 午後5時、ホテルの部屋に戻って、収穫物を発送する為に梱包作業をする。その後、メールチェックや日中に撮った写真の補正作業をしていたら、あっという間に8時15分!急いで夕食に出掛ける。

 陽が落ちてからはとても寒いし、かなりの空腹だし・・・遠出はイヤなので、近場のヒルトンホテル1階のバー「El Canon(エル・カノン)」に飛び込む。ベルギーのホワイト・エール・ビール「Blue Moon(ブルー・ムーン)」と「グリーンチリ・コーン・チャウダー」と「ガーリック・ウィングズ」をゆっくりと味わう。オフシーズンということもあり、金曜日の夜だというのに、客は私ともう一人だけだった。

 9時半、ホテルの部屋に戻る途中、見上げた夜空には満天の星、星、星・・・

 日中に撮った写真の補正作業を続行。途中、テレビをつけたら、ジョン・トラボルタ主演の映画「WILD HOGS(邦題「団塊ボーイズ」はチョットいただけないが・・・)」がオンエア中。しかも、舞台はニューメキシコ州に移ったところ(実際のロケもニューメキシコ州のマドリッド、チマヨ他の数ヶ所で行なわれたことは、地元では周知の事実)だから、仕事は一時中断。なかなか仕事ははかどらないなぁ・・・(苦笑)

 うわぁ~、仕事がやっと片付いたと思ったら、もう日付が変わってる!急いで風呂に入って、最終のメールチェックなどをして、午前1時過ぎに就寝。

 

 

【第5日目 現地時間で1月14日(土)】

 

 午前6時15分起床。もうちょっと寝ていたかったが、日中の仕事の予定もあるので、もうこれ以上は寝ていられない。ストレッチとメールチェックを済ませ、7時半に朝食へ出掛ける。

 

2012(平成24)年1月14日(土) 1000767.jpg

 またまたTia Sophia's(ティア・ソフィアズ)での朝食である。大のお気に入り「Atrisco Plate(アトリスコ・プレート=グリーンチリ・シチューと目玉焼きのセット)」にサイドに煮豆を追加注文する、自分好みのコンボ・メニュー。サンタフェ滞在中の朝食で、Menudo(メヌード=「ハチノス」とポソーレのシチュー)と並んで大好きな朝食メニューである。

 

2012(平成24)年1月14日(土) L1000771.jpg

 食後に、地元の新聞に軽く目を通す。英語力が弱いので、ざっと軽く目を通すことしか出来ないのだが・・・(苦笑) 今朝は、かつて人気だったテレビ番組「The Lone Ranger(ローン・レンジャー)」 が映画化され、来月からニューメキシコ州のサンタフェ、アルバカーキ、シップロックなどでロケされることが決まったニュースで、地元の人たちは大いに盛り上がっている。ディズニーの製作で主演はジョニー・デップだから、それも当然だわね。隣りのテーブルのお客さんたちも、そのことを話題にしながら朝食を楽しんでいたようだ。

 ホテルの部屋に戻って、このブログの更新をして・・・午前10時。ノートパソコンに向かって、弊店の通販サイトの仕事に取り掛かる。11時半、De Vargas Center(デヴァーガス・センター、古くからあるショッピングモール)内の郵便局に行って、昨日の収穫物を発送する。ここの郵便局は土曜日も午後4時まで営業していてくれるので、非常に助かっている。破綻せずに済めばよいのだが・・・

 ホテルにクルマを置いて、徒歩でプラザに向かったのが0時30分くらい。ちょっとした用事を済ませ、HOTEL CHIMAYO de Santa Fe(ホテル・チマヨ・デ・サンタフェ、かつてのHOTEL PLAZA REAL)2Fのレストランに初めて行ってみた。前回の出張、昨年11月上旬の時に既にリニューアルオープンして話題にはなっていたのだが、仕事の都合で利用するチャンスがなかった。

 観光雑誌に写真が掲載されていた「Chimayo Hot Dogs(チマヨ・ホットドッグ)」に興味があったので、初挑戦してみた。美味!ビールとの相性が非常に良い!また食べたい!この料理の考案者であるMaria Vigil(マリア・ヴィジル)さんは、古くからの知り合いで、フェイスブックでも交流があるチマヨ在住の女性だ。メニューにも彼女の名前がはっきりと書かれてあったので、びっくりするやら嬉しいやら。

 

2012(平成24)年1月14日(土) L1000776.jpg

 これは定点観測の1枚。さすがに土曜日の午後ということもあって、インディアンの露店も賑わっている。仕事がたっぷり残っているので、この写真1枚を撮っただけでブラブラせずにホテルに戻る。新入荷したコディー・サンダーソン作品の掲載作業をひたすら続ける。一通り終わったのが午後8時。このブログの更新をして、8時30分に食事に出掛ける

 入ったお店の営業妨害にはなりたくないので、店名は敢えて明らかにはしないけど。久々に不愉快な食事をした。かつてはプラザ沿いの姉妹店の2階バルコニー席で、外の景色を眺めながら食事を楽しむのが大好きだったのだが・・・この夜に入ったお店は、料理も酒も内装もとても良かったのだけれど、若い男性店員たちの就業態度とBGMが最悪だった。安っぽいBGMに合わせてバーカウンター内でクネクネ腰をくゆらせたり、休憩時間になった途端にバーカウンター隅で待ってた女子と熱い抱擁をする若いバーテンダーたち・・・

 

2012(平成24)年1月14日(土) L1000790.jpg

 こういう経験を、日本の世間一般では「授業料」と呼ぶんだろうね。プラザの綺麗なイルミネーションを見てから、ホテル・ラ・フォンダ1階のラウンジにブラリと入る。ワイルドターキーを1杯ゆっくり飲んで、ローカルバンドの演奏にあわせて楽しそうに踊っている中高年の人たちを見ていたら、不快感は自然に消え失せた。

 ホテルの部屋に戻って、遅い入浴をして、メールチェックとfacebookのコメント返しを繰り返していたら、いつの間にやら日付が変わっていた。午前1時過ぎに就寝。

 

【第6日目 現地時間で1月15日(日)】

 

 午前8時過ぎに起床。こんなに遅くまで寝ていたのは久し振りだ。8時半、ロビー横のダイニングルームに行って、ごくごく軽い朝食を摂る。日曜日の朝ということもあって、今までで一番の混雑ぶりだった。

 

2012(平成24)年1月15日(日) L1000810.jpg

 たったこれだけの朝食!(笑) お昼ご飯をいつも通りの時間にちゃんと食べたかったので、時間を逆算して、パン類やオムレツを食べず、フルーツとヨーグルトにしただけのこと。決して二日酔いや体調不良なのではない。

 この日一日だけは、完全オフモードでゆっくりしようと思った。ストレッチやメールチェックはいつも通りだが、地元の新聞やガイドブックなどにもゆっくりと目を通した。その後、頼まれ用事のついでに個人的な買い物もしたかったので、11時過ぎにクルマで郊外に向かう。

 

2012(平成24)年1月15日(日) L1000811.jpg

 レイルランナーが留まっていたので、久し振りに写真を撮る。2台並んでいる写真を撮ったのは、多分、この時が初めてだったと思う。踏み切り付近の遮断機などの写真も撮りたかったが、また今度にしておく。

 

               2012(平成24)年1月15日(日) L1000815.jpg

 

 郊外に向かって運転していたら、こんな光景が目に飛び込んできた。ちょうどお昼時でお腹もすいていたので、試しに入ってみた。ちなみに、この看板降りのオジサンは、ほとんど英語がしゃべれなかった。かたことのスペイン語とジェスチャーで、写真撮影のOKをもらった。

 

2012(平成24)年1月15日(日) L1000817.jpg

 「この町一番のメヌード」・・・文字通り、看板に偽りなしかどうか・・・メヌード好きの私が試してみた。ご覧の通り、最初からレッドチリで煮込んであるタイプだ。前回の出張で久々にメヌードを食べた、エスパニョーラの「El Paragua(エル・パラーグア)」の支店(テイクアウトのみ)で出すメヌードとトントンのいい勝負だった。うまい!ただし、エル・パラソル(エル・パラーグアの支店名)もエル・パラーグアも、チリをグリーンかレッドか(或いは両方の「クリスマス」か)選べるので、そちらに軍配を上げたい。値段はたったの4ドル99セント!(税、チップは別)で、こちらの方が圧倒的に安いのだが・・・

 一度ホテルの部屋に戻ってクルマを置き、メールチェックを済ませたら、歩いてプラザに向かう。のんびりとギャラリーやミュージアムを見てまわるつもりでいたのだが・・・気が付いたら、自店ディスプレイ用のモノクロ写真やポスター類を真剣に物色している自分に苦笑した。貧乏性が抜け切らないなぁ~(苦笑)

 午後5時過ぎ、ホテルに戻ってから、クルマでいつものコインランドリーに行って、早目に洗濯を済ませてしまう。ホテルに戻ったのが午後6時半過ぎ。完全に日が暮れいて、辺りは真暗だった。

 カントリー系専門チャンネルを見ながら、このブログの更新をする。昔の映画「アーバン・カウボーイ」をやっている。この映画のBGMがいいんだよなぁ。サントラ盤を探してみたくなったぞ。この頃のデブラ・ウィンガーがとても魅力的だよね。午後7時半を過ぎたので、今回の出張中でサンタフェ最後の夕食に出掛ける。

 

2012(平成24)年1月15日(日) L1000844.jpg

 歩きながら何処のお店に入ろうかと色々と思案して、新装開店後にまだ一度も入店したことがない、エルドラド・ホテル2階のAGAVE Lounge(アガベ・ラウンジ)に初挑戦してみることにした。

 

2012(平成24)年1月15日(日) L1000831.jpg

 とりあえずビールなんだけど、折角だからこのお店オリジナルのドラフトビールを注文してみる。「かなり甘いですけど、それでもよいですか?なんならテイスティングをされますか?」だとさ・・・若い従業員さんだったけど、前夜のお店とは、接客応対がドえりゃぁ違いだにゃぁかぁ~

 というわけで、ビールグラス本体の横にあるカラの小さいグラスは、テイスティング用のグラスだったわけで・・・確かに、こんなに甘い味のビールは生まれて初めてだった。良い経験&思い出作りとして、1杯オーダーしてみた。

 

2012(平成24)年1月15日(日) L1000834.jpg

 最初のツマミは、「Spa Tuna(スパ・ツナ)」なる一品。メニューには、「Seared Tunas, Avocado & Tomato, Apple Fennel Drizzle」と書いてあったが、さっぱり想像出来ない。が、ツナ(マグロ)を食べられるんだったら、まあ何でもいいかぁ~・・・くらいの気分で注文してみた。

 結果的には、注文して大正解! あぶったマグロの厚切り2枚ずつが、アボカドとトマト・チャンクのタワーの上に乗っている料理で、醤油ベースのソースではなかったけれど、なんとも美味で日本人好みなヌーベルキュイジーヌ系。おかわりをしたかったくらいだ(笑)

 

2012(平成24)年1月15日(日) L1000840.jpg

 続いて、「Bacon Wrapped Carmelized Onion Shrimp」。簡単に言ってしまえば、海老のベーコン巻き。海老本来の美味しさがベーコンに負けてしまっている感は否めないが、海老独特のプリプリとした食感を味わえただけでも、食べる価値は十分にあったと思う。ビールとの相性も悪くなかった。

 

2012(平成24)年1月15日(日) L1000843.jpg

 〆は、「グリーンチリ『神戸』バーガー・スライダー」である。「神戸」とは、もちろん神戸牛のこと。「スライダー」とは、同席したみんなで少しずつ取り分ける時に、料理皿をテーブルの上を滑らせるように移動させることから名付けられた、小盛り料理の総称である。ご覧の通り、信じられないくらいのミニサイズ・ハンバーガーである。二つをあわせても、アメリカの飲食店で普通に食べる大きさの半分以下である。

 サンタフェ最後の夕食として、非常に満足のいく味と内容だった。これならば、近い将来、家族3人で来た時にも、安心して食事を楽しむことが出来そうだ。よかった、良かった。

 ホテルの部屋に帰って、テレビの「インディ・ジョーンズ 最後の聖戦」を身ながら、このブログの更新中。これから風呂に入って、ちょうど日付が変わる頃には就寝予定・・・のつもりだったが、ありがたいことに新規ご注文なども入ってきたので、ベッドに入ったのは午前1時。

 

 

【第7日目 実働最終日 現地時間で1月16日(月)】

 

 留守番1号(妻)からのメール受信音が枕元の携帯電話から鳴り、それが目覚まし時計代わりになってくれた。午前6時15分に起床。もしもメールが送られてこなかったら、また大寝坊をしていたかもしれない。

 ありがたいことに、就寝前とは別の新規ご注文が入っていたりしたので、ストレッチとメールチェックなどを終わらせて朝食に出掛けたのが7時30分。部屋の入り口のカーテンを開けてみて驚いた。天気予報がハズレて、雪が降っている。今回野出張中で初の降雪である。気温がさほど低くないようで、みぞれに近いような水分の多い雪質だ。

 サンタフェで最後の朝食は、やはりTia Sophia's(ティア・ソフィアズ)と最初から決めていた。Hand-held Breakfast Roll(ハンドヘルド・ブレックファースト・ロール)を堪能。経営者であるニックさんや従業員さんたちとの会話もはずんだが、先の仕事があるので、早目に店を後にする。

 

2012(平成24)年1月16日(月) L1000856.jpg

 これは、食後の定点観測。路面の濡れ具合からも、降り続けている雪は低温のパウダースノーではなく、湿った雪質であることがおわかりいただけると思う。

 ホテルの部屋に戻って、このブログの更新を済ませる。荷物をクルマに積み込んで、もう一度メールチェックをしていたら当初の予定よりも30分遅れて、午前10時30分にホテルをチェックアウト。

 

2012(平成24)年1月16日(月) L1000861.jpg

 

 サンタフェは雪、チマヨは雨、そして再びサンタフェに戻った頃には「みぞれ」に変わっていた。トイレ休憩に立ち寄ったサンタフェ郊外のモールで、知り合い家族と遭遇。ここに新しく出来たカフェ(CAFE 25)で食事をする予定ではなかったが、彼等が美味しいと勧めてくれたので試しに入ってみた。

 注文したのはNIcoise Salad(ニソワーズ・サラダ)とアイスティー。(缶詰の)ツナとハードボイルドなゆで卵、オリーブ、インゲン豆、トマトとグリーンレタスのサラダは、彼等のお勧め通りだった。次の機会には、1/2サラダ+1/2スープを試してみようと思う。店を出て駐車場に向かったら、今度はプラザのジャパニースレストラン「Sushi Land EAST」の日本人オーナーシェフとも遭遇。軽い世間話をして別れる。

 アルバカーキに向かう途中のフリーウェイも大荒れだった。激しい雨と強風、ハンドルが取られそうになるわ、大小のTumbleweed(タンブルウィード、西部劇で見かける枯れ草が巨大なマリモのように丸まって転がっていく物体)を避けながら運転しなきゃならないわ、激しすぎる雨で視界がホワイトアウト寸前になるわ・・とにかく緊張した。

 午後2時半過ぎにアルバカーキ市街地に入った頃には、強風は相変わらずではあったが、激しい雨はすっかり止んで、所々に青空さえ見えていた。ニューメキシコ州は広い。

 このまま常宿のLa Quinta Inn(ラ・キンタ・イン)にチェックインするのも何だか勿体無いような気がして、前回の出張でまわったのと同じアンティークモール2ヶ所を訪ねる。前回は見なかった出物が結構みつかったので、内装のディスプレイ用に色々購入する。

 貸し倉庫に荷物を戻し、ホテルにチェックインしたのが午後5時ちょうど。明朝のフライトに向け、買い込んだアンティーク小物を預け荷物に梱包する。大きなローラーキャスターとダッフルバッグがパンパンになてしまった。どちらもかなりの重量だ。ギックリ腰にならないように、慎重に運ばなければ・・・

 午後7時30分。夕食に出掛ける。毎度毎度のシェラトン・ホテル1階の「Rojo Grill(ローホー・グリル)」でも良かったのだが、経験の為にも、ホテル脇の交差点を渡ってすぐの所にあるApplebee's(アップルビーズ)というレストラン・バーに初挑戦するつもりだ。テレビ・コマーシャルをやっているから、きっとチェーン店だとは思うが、物は試しである。

 

2012(平成24)年1月16日(月) L1000867.jpg

 予想通り、内装、店員さんたちの応対、客層、パウチをしてあるメニューからも、セントラルキッチンがあるチェーン店であることは明らか。が、しかし・・・妙に落ち着く(笑) まずはビール、そしてハーフサイズのバーベキュー・リブズを注文する。決して上質な料理ではないが、値段から言っても十分に納得出来る感じ。アルコール類も楽しめる日本のファミリーレストランに似たような雰囲気である。何よりも、ホテルから徒歩3分の至近距離にあるのが非常にありがたい。きっと、次回以降の出張でも、利用することが多くなるだろう。

 明朝は、午前6時45分アルバカーキ空港発のサンフランシスコ直行便に乗らなければならないので、風呂に入って午後11時に就寝。携帯電話とIpod touchの目覚まし時計機能をセットして、と・・・

 

 

【第8日目 帰国日 現地時間で1月17日(火)】

 

 午前3時45分起床。1時間後の4時45分にホテルをチェックアウトして、レンタカーセンターに向かう。アルバカーキ空港行きの無料シャトルバスは私一人だけの貸切状態。ユナイテッド航空のチェックインカウンター、セキュリティ・チェック・エリアもガラガラで、全く問題なくスムーズにいく。

 

2012(平成24)年1月17日(火) L1000878.jpg

 サンフランシスコ空港直行便の搭乗開始時間までの約1時間を、メールチェックや仕事関係の返信に費やす。数年も前から空港内で無料アクセスを出来るようにしてくれたアルバカーキ市には、とても感謝している。

 搭乗機は、予定通りの離陸だったが、到着は定刻よりも約10分早かった。サンフランシスコ空港内のいつも利用するフードコートで、クラムチャウダーとコーヒーで遅い朝食にする。

 

2012(平成24)年1月17日(火) L1000882.jpg

 国際線ターミナルにあるユナイテッド航空ラウンジで、いつものように搭乗開始時間までの間、ノートパソコンに向かって過ごす。突然思い立ったのだが、今日は休肝日にした。二日酔いでも体調不良でもない。いつもと全く同じ行動パターンを繰り返すことに、自分自身が飽きてしまっただけ。だから、バーコーナーのマダム・チャウが作ってくれる特製ブラッディー・メアリーも、今回は1回お休みしてソフトドリンクだけを飲んだ。成田行きの機内でもノンアルコールで通す。帰国したら、上野駅界隈で日本の美味しい料理を食べながら、日本のビールを飲む方がずっと良いハズだから。

 搭乗機は、定刻通りにサンフランシスコ空港を離陸。機内食は、珍しく「チキン」を選んでみた。普段選ぶビーフが「焼肉と白米、ゆでブロッコリー」だというので、何だか気乗りがしなかったのだ。「グリルド・チキンのバーベキューソース、蒸し野菜添え」を選んで正解だったと思う。

 アルコール類を飲まなかった所為か、食後もあまり眠くならず、機内上映を「REAL STEEL(リアル・スティール)」、アン・ハザウェイ主演の「One Day(ワンデイ)」、そしてマーティン・シーンとエミリオ・エステベスの親子共演「The Way(ザ・ウェイ)」と3本立て続けに見てしまった。体に良かれと思って機上でも休刊日にしたが、それがかえって良くなかったようだ。次回からの教訓にしないと・・・

 

 

【帰国日 日本時間で1月18日(水)】

 

 

2012(平成24)年1月18日(水) L1000883.jpg

 定刻よりも約15分ほど早く成田空港に到着。が、預け荷物がなかなか降りてこず・・・結局は定刻に到着したのと同じことになってしまったようだ。税関申告はガラガラだったのでスムーズに進んだ。いつものように、大きな荷物2個を宅急便で送る手続きを済ませたら、スカイライナーのホームに向かう。

 

2012(平成24)年1月18日(水) L1000886.jpg

 帰りの機内で良く眠れなかった分、スカイライナーに乗り込んだら発車前にウトウト・・・

 

2012(平成24)年1月18日(水) L1000891.jpg

 上野に着いたら、JR上野駅近くにある「松ずみ」というお店で、久々の和食をゆっくりと味わう。「水菜とじゃこのサラダ」「三重県産 的矢かき」「寒ぶりの刺身」(追加注文をしたのでこの写真には写っていないが)とビールを生2杯、お通しは「あさりのぬた」。鯨料理も得意なお店のようだが、肉類を口にする気にはなれず、またの機会にする。

 長野新幹線、信越本線と乗り継いで、午後10時過ぎ、無事にJR高田駅に到着。

 

2012(平成24)年1月18日(水) L1000903.jpg

 小雨が降る中、自宅兼店舗に歩いていく。建物の正面から2階の売り場を見上げると、奥から天井の明かりが見える。いつものことながら、ホッとする一瞬である。大きなトラブルもなく、また公私共々に色々と収穫の多い出張だった。

 

 

 

【 本業サイトからのお知らせです 】

 

※アクセス混雑時には、ダウンロードに時間のかかることがあります。どうぞご了承下さい。 

※JavaScriptをONにするとflashブログパーツが表示されます

オルテガ社製チマヨ・ベスト、ブランケット、バッグ類 by ベアトラックさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

 

※JavaScriptをONにするとflashブログパーツが表示されます

アメリカン・ターコイズ・インディアンジュエリー by ベアトラックさん

カンタンCM作成サイト コマーシャライザー

20周年記念 シールデザイン サイト・ブログ用に加工済み.jpg 

 アメリカ合衆国アリゾナ州とニューメキシコ州で現地買い付けしてきた、インディアンジュエリーやオルテガ社製チマヨ・ベスト&チマヨ・ブランケット他を、本業サイトで掲載・販売しています。代引き送料・手数料は無料サービス中です)


nice!(40) 

nice! 40

nice!の受付は締め切りました

Facebook コメント